WHY ECC TEST PREPARATION PROGRAM ?

#1 試験傾向を徹底分析した試験対策向け教材

最短距離で試験合格するためのポイントとなる試験傾向を徹底的に分析したECC独自教材です。模擬問題を繰り返し解く実戦形式を採用し、必須語彙や表現、文法、漢字を集中して学習します。JLPTや日本語NAT-TEST, J.TEST等の主要日本語資格試験をカバーしています。

#2 試験、特に暗記に有効な「間隔反復学習」を導入

ECC独自の語彙集及びアプリには、試験対策に必須である文法や単語の暗記において、高い効果を発揮する「間隔反復学習」を組み込んでいるため、最新のテクノロジーと理論が脳科学的見地から記憶を助長します。

Summary

  • 試験対策のポイントは試験傾向の徹底的な分析にあります。
  • ECC独自教材はJLPTをはじめ、NAT TEST、JTEST等の主要な日本語の試験傾向を分析した実戦形式の模擬試験集が特長です。
  • 試験傾向を把握した模擬試験を繰り返し解くことで、無駄な効果的に学習することができ、最短距離での合格に寄与します。
  • 更に、WEB語彙集とアプリにより隙間時間も効率的に学習することができます。日本語と接する時間を増やすことができるため合格に直結します。
  • 特に、時間がない中で試験に合格する必要がある人に向いてます。

主要日本語試験の網羅

最も受験者が多いJLPTはもちろんこと、大手メーカーや商社等でも幅広く利用されているJ.TESTや大学等でも入学試験に利用されている日本語NAT-TESTもカバーしています。ひとつの教材で日本語学習を完結することができることから受講生にとっても効率的かつ経済的です。

教材は試験傾向に基づき製作

日本の試験では合格水準を維持する目的として過去問が繰り返し出題される傾向にあります。ECC教材では主要日本語試験の試験傾向を基に製作しているため、日本語学習に無駄がありません。

試験に直結する模擬試験型

実際の試験の出題形式に沿って学習することが合格への最短距離であることを鑑み、ECCのメイン教材は模擬試験集の形式を取っております。実際のテストと同じ形式で繰り返す解くことで、無駄なく最短距離で学習できます。

語彙集とアプリで手軽に学習

語学のプロであるECCの結論として、日本語学習に限らず、語学習得の鍵は「いかにその言語と接しているか」です。語彙集やアプリにより場所を問わず、いつでもどこでも好きな時に日本語学習をすることができます。

Summary

  • 多くの受験生が苦しむ膨大な量の単語や語彙の記憶は慢性的な重要課題です。
  • ECCの独自教材では、忘却のメカニズムに着眼し、「間隔反復学習」を語彙集やアプリに実装しました。
  • 多くの時間を費やし、苦痛ゆえに怠けてしまいがちな暗記の学習方法を劇的に改善することで、効率的な記憶定着と勉強量の合理的な削減を同時に実現致しました。

試験合格を妨げるのは受験生全員に当てはまる忘却のメカニズム

心理学者のエミングハウスの実験結果から導かれた忘却曲線の概念によれば、人間は記憶をしてから1時間経過すると56%を忘れ、1日では66%、1か月後には79%を忘れると言われています。それは、日本語試験でも同様であり、一生懸命覚えても多くを忘れてしまうことが、試験に合格できない大きな原因です。

試験合格の鍵「いかに無駄なく、覚えた内容を継続的に記憶できるか」

そのように考えた場合に試験合格のための重要課題は、「いかに無駄なく覚えた内容を記憶し続けることができるか」というシンプルな問いになります。その課題を解決するための論点は、忘却曲線の理論に合わせて復習をタイミングよくピンポイントで行うことです。

しかしながら、受講生にとって、復習するタイミングの特定等、忘却曲線の理論を理解しても具体的な活用が困難であることは明らかです。

間隔反復学習の実装による効率的な記憶の定着を実現

ECCでは上記の受験生の慢性課題を解決すべく、独自教材においては、受講生が意識しなくても忘却曲線の理論に合わせてタイミングよく復習できるように配慮致しました。具体的には、復習するまでの間隔を時間の経過とともに伸ばしていき、忘れる直前に復習させる「間隔反復学習」を語彙集とアプリに実装しています。

その結果、覚えなくてはならない膨大な日本語の文法や語彙等も、闇雲に覚えるのではなく、必要最低限の復習量で済むため、極めて効率的に記憶を維持させた状態で試験に臨むことができます。